サーフィンの人気?Part2

というワケで昨日の続きです。

って言われても続きって、という方はこちらから読むとわかり易いですが、
別に読まなくてもなんとなくわかると思います。。へへ、、



ロングボードの普及によりお年を召した方々がサーフィンを始めることは
一般社会からみてサーフィンを一般常識化させるという意味ではとてもいいことだと思います。


でも将来性を考えれば子供達がサーフィンを始めないことには始まらないですよね、
要はそのスポーツをどれだけ多くの人間がやってるか、が大事なんです。

1209091.jpg
(去年の秋口、朝一サーフに向かうオレとトム、
こういうモーメンツをより多くの親子が持てる様になるといいなとおもいます)

極端にいえば、もし日本の人口の半分以上がサーファーだったら
サーフポイントがテトラで埋め立てられるなんてことはないんですよ、

それどころか今までサーフィンが不可能だった所でも
人口リーフを入れてサーフィン場にしちゃうくらいな事はあるとおもいませんか?
ゴルフ場や球場を作るのと一緒で、ねぇ、

で、結局何が言いたいかっていうと、

話は最初のブログランキングに戻るけど、
サーフィンを題材にしたブログがスポーツランキングで低迷するというのは、
日本人がやってるスポーツの中でサーフィンっていうのは
まだまだマイナーな域を出てないという事なんですよね。

海沿いの道を通れば、なんかやたらとサーファーがいるように見えるけど、
それは狭い視野の範囲であって遠くから見ればひと握りなんですよ、

それをなんとかメジャーにするにはもっと愛好者を増やして、
サーファーの意見というのを声を大にして言える環境を作ることじゃないかなぁと思います。

沢山の人の同意見というのは凄く力がありますから、

だからオレ的には未来のある沢山の子供達にサーフィンを始めてもらいたいと思っています。
サーファーだけが知っているフィーリングを自分の子や近所のガキらと共有できたら、

最高でしょ?

そして沢山の人間がサーフィンを始めればそれだけ競争が激しくなり、
やがて世界で通用する人材が出るかもしれない、
そしたらサーフィンに対して世間はもっと注目すると思うんですが、、


、、というワケでいちサーファーとしてサーフィンがもっとメジャーだったらいいなーと思って
いろいろ思ったことを書いてみました、

なんか、マリンスポーツ部門じゃ1位かもしれないけど、
スポーツ全体部門ではペーペーな自分と「サーフィン」について
ちょっと考えてみたけど、

結局こんなもんしか思いつかなかったOyageの作文でした。。

おわり♪

どお?たいしたことなかったでしょ??


ははは、、

Comment 0

Leave a comment