サーフィンの人気?Part 1

いやいや、今年も好調でございます、yas Times
これもひとえに皆様のおかげだとおもっております。

130109brkg.jpg

で、このランキングはデイリーなので毎日順位が違いますが、
ここのところはかなり安定していて3位以下には落ちてません、

べつに自慢してるわけじゃないんですが、やっぱちょっと自慢しちゃいます、、
でもこれも自分の力じゃなくて皆様が遊びに来てくれるからこそなので、

今年もOyageのたわごとにお付き合い頂けるようお願い申し上げまする~m(__)m

で、ちょっと自慢話が長くなりましたが(いやいやこれからが長いので暇だったらよんでみてね)
最近ふと気になったのが、このスポーツランキングの136位ってやつ、、

これはyas Timesが全てのスポーツの中で何位か、というもので、
要は野球からサッカーからゴルフからって全てのスポーツブログの中での順位が
136位って事なんです、

どうですか?低くないですか?

写真の下にちょろっとでてますが、1位はジャイアンツブログ、
その下も野球、でサッカー関係とかが続いてます。

まあ、野球やサッカーに勝てるとは思いませんが、
マリンスポーツで1位ならスポーツでも最低50位くらいには入りたいですよね、

これただ単に自分の欲求ではなく
一般社会におけるサーフィンを含めたマリンスポーツの認知度というか
市民権具合というか人口というか、ま、そのへんの低さが残念だということなんです。

でちなみに今迄のスポーツランキングの最高位は89位でした。

で、何が言いたいかというとこのままだとサーフィンも高齢化が進んじゃうじゃないかって事、
(人口が減ってちゃうって意味ですよ)

昔はサーフィンといえば「悪ガキの成れの果て」的な要素があり
年頃になるとワルどもが揃ってサーフィンを始めたものですが、

どうやら最近はサーフィンはおっさんのやるもの的な考えがあるみたいで、
サーフィンを始める子供はサーフショップの子とか子煩悩なサーファーの子ぐらい、
それも親が半ば強制的に始めさせてるのが現状ですよね、

まあ自分もその例に漏れずなんですが、

サーフィンの素晴らしさを分かってる親にしてみれば
このサーファーだけが感じられるフィーリングを
我が子と共有したいという理由で我が子にサーフィンをやらせるんですが、

その親の多くは自らこの世界に飛び込んだ連中で要は悪ガキの成れの果てで
そいつらが大自然の中での己の小ささに気づかされて分からされて大ハマリして
未だに続けてるワケですよ、だからちょっとしたことじゃサーフィン止めないし
こんなクソ寒い海でも入っちゃうんだけど、

だけど今の子達ってなんでも手に入っちゃうし
ゲームとかでなんでもバーチャルな体験ができちゃうんで
本質的なスリルに無関心なんですよね、

サーフィンって凄く楽しくてハイになれるものなんだけど
自然相手だから他のスポーツに比べて凄く危険度もあるので、
(波は情け容赦ないですからね、)
一般の親御さんにはなかなか取っ付き難モノかもしれません、

しかも昔と違って今は少子化で子供は完全に親の保護下ですから、



っと、、ちょっと話が長くなりそうなので今日はここまでっ、、、

また明日Prat 2をUPしますので、暇な人は読んで見てください、

最初に言っときますけど大した話じゃないですから、

けけけっ、、

Comment 0

Leave a comment