よいサーフボードの条件とは、

久々ノーガキです、

で、今回はちょっとながいです、へへ、、

サーファーならば誰しも欲しいのが調子のイイサーフボードですよね、
俗にマジックボードと言われるそういった板の条件て何でしょう?

一般的にはテイクオフが速い板、良く走る板、コンテストで勝てる板、などなど、、

でも今回自分様になんとなく削ったこの板が
マジックボードに対する概念をちょっと変えてくれちゃってるんです、、

一般的にサーフィンはスピードが重要で
スピードがある事によって可能なアクションの数は増えていきます。

でも自分が昔から思ってた事は、スピードの無い時に難しい事が出来るサーファー、
もしくは出来る板、というのがホントの技術なんじゃないかなという事。

分りやすく言うと、連続リップで一回目のリッピングより二回目のりッピングのほうが凄かったとか、
そんなにスピードが出てないのにすげぇ高いエアしたとか、
そういうサーフィングです。

スピードが出てればそれなりの見栄えのある動きが出来るのは当たり前なんです、
大切なのは失速時にどれだけ自分のイメージ通りに動いてくれるかなんです。

凄いアクションをコンプリートした直後はほとんどの場合事前より失速しています、
その状態から一回目のアクションより更に鋭いアクションを可能にしてくれる板こそ求めているモノ。

もしそれが出来れば
そのサーフィンは一度も止まることのないサーフィンていうか、
動力が付いているかのようなラインというか、、わかるでしょ??

ん~~なんか国語力が不足してるのか、、上手くまとめられないんだけど、、、
そんな昔から思っていた、サーフィンにおいて難しいと思っていた事が
少しだけ思い通りに出来るのが今回のNew Board !

以下、凝りに凝った今回の板の仕様です。

slrol.jpg
まずはアウトラインはこんな感じの5'11” EPS

slrwst.jpg
ストリンガーはサイドのみのスタイロフォーム2ストリンガー

slrcarbon.jpg
やたらと長いテールカーボン、これはターン時に効いてくれる様設定、

slrcroth.jpg
ボトムは斜め編みクロス、ちなみにこの縦ラインは斜め編みがずれないように編まれてる糸です。

slrdsc.jpg
やや深めなシングルコンケーヴ

slrfs.jpg
やや前目なフィンセッティング、
これは5'11"という最近ではちょっと長いレングスを感じないように
1インチ前にセットして5'10"な乗り味にって事で、、

この様にいろんな細工をしましたが、
正直まだこの中の何が良かったのか解りません、

ま、そんなすぐ解っちゃったらつまんないんからね、

また解った事があったら随時UPしていきますので、
興味のある方はお付き合い下さいませ、、

Anywayまた面白いオモチャが出来てしまったのは事実、
当分コイツで楽しめそうですぜ!

Comment 0

Leave a comment