TAIL DESIGN

最近ラウンドテール系のオーダーを多く頂いてます。
角がどこにも無くラインが全て繋がっている美しいデザインです。

mritr.jpg

今日はこのテールデザインのノーガキをちょっと、、

まず長所は、テールエリアの面積が狭い為ターンが容易である事。
波のポケットで蹴り込んでも沈め易いのでフィンアウトする事無く
思い切ったアクションが可能な事。
パワーのある波や大きい波では特に扱いやすいデザインです。

で短所はというと、
他のテールデザインに比べ水の反発を得ることが出来ないので、
スピードを出すのが難しく、
一発目のしごきの加速や失速時の立ち上がりが遅く
パワーのない波ではドライブせずラインが小さくなってしまうなど、

このテールデザインがロングボードやガンに良く見られるのは
ロングやガンは勝手にスピードが出る性能や状況なので、
長い板の課題である回転性を考えた結果のテールデザインなワケです。

以上の様な事から、
ラウンドやラウンドピンをオーダーする際には
自分が希望する長さの1~2インチ程度長いものにするといいでしょう。

あとフィンセッティングも従来より1センチ位前めの方がいいです。

でもそれに伴ったテールロッカーっていうのもセットでの話ですが、、

ま、そんなワケで今回はラウンド系のノーガキでしたが、
気が向いたらスカッシュだのスワローだのあ~だのこ~だの
いろいろノーガキこいてみたいと思います。

ノーガキ好きな奇特な方、、は、お楽しみに!へへへ、

Comment 0

Leave a comment