Double Flipper

サーフボードのスポンサーであるパイオニアモスのHPの中に
wipe out newsってブログがあって、その担当者のW氏というMr.オタクが
新しい板の詳細をUPしろってうるさいので
今日はそのお話です。

sypsign.jpg

あ、それと先日の千倉プロの時の写真がPROLONGER magazineにUP
されてたので、よろしければどうぞ。

今回の千倉プロで使用した板は、
最近のロングのマニューバー用の板がどうもイヤで、
それに逆行したコンセプトでシェープしたもの。

あ~、この先はマニアックな話でちょっと長くなるので、
興味のある方は『続きを読む』からどうぞ。

まず、レングスは9'0"と今のコンペボードの常識的なんだけど、
ワイズは22インチ(約56センチ)と最近のコンペボードにしてはかなり広め
(最近はほとんど21インチ台です)
厚みも7.4センチとかなり厚め(体重にもよりますが最近は6.3センチ~6.8センチ位)
wflper.jpg

でノーズもノーズライダーのテンプレートを使用して、
テールも最近のネコもしゃくしもラウンドピンじゃなくて
あえてスクエアテールをチョイス。

要はかなりコンペボードとしては天の邪鬼的な板なんですが、
1つだけ違うのがEPSだと言う事。

簡単にいうとメチャメチャ軽い小さめ細めなノーズライダーです。

あとその他の秘密としてデッキにもノーズコンケーブと
テールにもデッキコンケーブを入れて、
レールは厚みの割にかなり薄めなテーパードソフトなもの。

あとフィンはratio yasの6.5にサイドはyas クアッドのバックフィンを使用。
この組み合わせはロングボードが分かる人が見たら
「超ちいせ~」って位ちいせ~です。

で大会通してこの板1本でやってきたワケなんですが、調子良かったですよ。
クラシックからモダンまでいろんな要素がチャンプルーなこの板は
いろんな場面でそのイイところを出していけるので、
使いこなせるライダーだったらかなりイイんじゃないでしょうか?

例えばノーズライド時はノーズ幅とスクエアテールがかなり効いてる感じだし、
リップするときはEPS特有の軽さと反発の良さが出るしって具合にね。

でもそれが逆に出てしまう(ノーズライド時に軽過ぎと感じてしまったり、
マニューバー時にノーズ、テールの大きさが気になってしまったり)
と最悪なんですが、やはりその辺ポジティブ思考な人じゃないと
バラバラになっちゃうのかも、ですね。

あとデッキコンケーブは自分的にはお気に入りなんだけど、
一般的にはあんまり向いてないかも、

コンケーブの上に乗った時にそれを利用して
微妙なトリミングが出来るサーファーだったらイイけど、
反応がやたらイイのでちょっとしたバランスの崩れにも敏感に反応して
ワイプアウトにつながる恐れもあります。

要はこの板、人を選ぶひねくれモンですね。
ただオレはこの板最近のシェープしたロングの中で一番気に入ってます。

毎年研究してきたハイパフォーマンス系のロングのデザインもそろそろ限界っぽいですよね、
なんせ長さを9フィート以下にする訳にはいかないワケですからチューンにも限界があります。

ハイパフォーマンスモデルに関しては自分の中である程度完成したものがあるので、
そんなみんなと同じのじゃなくて、乗ってて面白い物をと思って作ったコイツ、

まだ飽きそうもないのでもう少し乗り込んでみようと思ってます。


Comment 2

2010.05.19
Wed
04:49

新島  

いや~板の特徴とフィンの特徴をチャンプル~させちゃうのが康弘さんじゃないですか?!


ショートのマニューバーとロングのクラッシックさをチャンプルーさせないと大会上位にはいけませんね。


チャンプルーって言葉見たら沖縄にまた行きたくなっちゃいました笑

週末ふにゃふにゃしながら力抜いて大会頑張ります!!

2010/05/19 (Wed) 04:49 | EDIT | REPLY |   
2010.05.19
Wed
13:26

yas  

ゴーヤチャンプルーは嫌いだけど、
ソーキそばは大好物!

ふにゃふにゃ作戦イイみたいよ(笑)
スロウのみんなに言っといて!

2010/05/19 (Wed) 13:26 | REPLY |   

Leave a comment