FC2ブログ

Februaly

はい2月です。

早いです速いです、寒いです。

いや、今年ももう既に1ヶ月経過でございます。

が、この時期は寒いのでちゃっちゃっと過ぎてもらっちゃてよろしです。


で、この寒い時期のサーヒンなんですが、

先月のビーチクリーンの日にまんまと波上がりまして、

非常に寒かったんですが、好天とグッドウェーブにて初乗りさせていただきました。

でもすんごい混雑ぶりで、参りましたね、、

ま、心配してた水温は異常に暖かくて思ったより寒くなかった乗り初めでございました。


で更にその後29日にはかなりの高い気温の中また波上がりまして

その日は天気、気温、波のクオリティの3拍子が揃っちゃったので、

この時期には珍しく2Rもやっちゃいまして、クッタクタおじさんでした。

その時の様子を数枚貼っておきます

bpl2001292.jpg

bpl2001291.jpg

カレントの強い時間帯もありましたが、夕方には収まりちょっと危険ながらインサイドのコロコロセクションはかなり楽しめました。


こちは浜の様子

hm2001291.jpg

かなり凄い波来てたんですが、

これに乗るにはスーパークローズセットを何本も喰らわなきゃならない修行系でしたので、

遠慮させていただきました。

ま、真冬ですしね、へへ。


そんな感じで今年は水温も高いということもあり、例年になくサーヒンしたいな感でございます。

でもいつも言ってる天気、気温、波質が揃えばの話ですが。


で、話はサーフボードの事にチョイとシフトしまして、

去年あたりからやたらと目にするチャンネルボトムのオーダーが増えてまいりました。


最近のチャンネルボトムはひと昔流行ったディープな物ではなく、浅い感じの4チャンネルが多いです。

channelbrp.png

channelbsw.jpg

channelbsq.jpg


これはコンケーブの中に施す物なので、深くする必要がなく、

考え方としてはこのチャンネル部分をダブルコンケーブにするのか、4本のチャンネルにするのかといった感じです。

更にテールエンドにかけて少し浅くなっていて昔の物とはコンセプト的に全く異なる物です。

これは昔の物はVボトムやドームボトムだったのでテールロッカーが近代の物のようについてなかったのでチャンネルでテールまで流すという考え方でした。

しかし今は強めのテールロッカーをつけておいてその中をコンケーブで流すという全く逆の原理から成り立っってる物なので、テールエンドまで深く抜いてしまうとそのチャンネルのところは凄いロッカーになってしまい逆に走らなくなるという事になってしまうからです。

簡単に言うと、上から見ると(表面的に見ると)深い溝が最後まで入ってるといかにも速そうですが、
横から見ると(レール側から透かして溝部のラインを見たとして)最初につけたロッカーより更に強いロッカーになってしまうと言う事です。


ん〜、今読み返したけどわかんないですね(爆)


詳しく聞きたい人は今度声かけてください。

暇だったら説明します。はい。


といわけで、久々にノーガキこいてみましたが、

このネオチャンネルとでもいいますかこれ、

もうちょっと暖かくなったら自分でもテストしてみたいと思っております。

まだ寒いですが、サーフにシェープに充実しております本年です。

ポジティブにガンガン行ってみたいと思います(あったかい日限定)

ヘイ。










Comment 0

Leave a comment