FC2ブログ

Sk8er Boy

いやいや、盛り上がりました先週末のメモリアルコンテストですが、

その後は波も落ち着いてしまい、

気がつけば珍しく一度もサーフィンしなかった一週間でした。


なのでぼちぼちシェープしながら先日購入したCarverでSurf Skateやったりな毎日でしたが、

そんな中最近シェープした2本がかなり手応えがあるものだったので、

ちょろ、ご紹介と思いまして、


まずは写真からいっちゃいましょうか、

sk8boysq.jpg

sk8boyrd.jpg




2本とも5'5"EPSで、

ノーズ幅、テール幅、最大幅、厚みとほぼ同じで、

違うのはテール形状とオーナーといった所。


同じ位置からの撮影ですが、ちょっとアングルが違うので

若干違う風に見えますが、テンプレートは同じものを使用しているので、

ほぼ同じです、

が、

テール形状がスカッシュかラウンドかでこんなに違うものに見えます。



で、今回のこの2本もお客様からのリクエストを理想の形にしていったら出来上がった

言わば偶然生まれた新モデルです。


と言うのも両方ともシェープしながら「これ欲しい」って思えるほど良さそうで、

手が空いたら自分用のを一丁行ってみようかと練ってる次第です。


で、見てわかる通り今回もターゲットは小波ですが、

この2本はかなり小波ボードの集大成的な要素を秘めていまして、

というのもここ2〜3年のEPS小波対策モデルであるOhana Modelから始まって

Developer、Flatter Stickシリーズ、Butter Fish、Afterglow Fishと色々テストしてきて、










それらのイイとこ取りが今回作といってもイイと思います。

いや、そういってしまうと誤解があると困るので、もう一言付け加えると、

今の我がしたいサーフィンをするためのデザインという方が正しいかな?



ただ、悪いとこを取り除いたから究極なのかと言えば決してそうじゃないです。



例えばOhanaは前述モデルの中では一番のテイクオフの速さですし、

一番小さい波まで対応できますがパフォーマンス性に欠けます。



Flatter Stickは小波モデルの中では最もハイパフォーマンスなサーフィンが出来るし

ある程度のデカ波にも対応できますが、

テイクオフは一番遅いですし、超小波は乗れません。

#日曜日 #カットバック #サーフィン #サーファー #Sunday#surfer #surfing #surfingphoto#yassurfcraftworks

Yasuhiro Suzukiさん(@yas_brand)がシェアした投稿 -



といったように各モデル一長一短でして、

どれを選ぶかはライダーが自分の理想とするサーフィンからイメージしてもらうしかありませんが、

今回作はその悩みを解消する一言で言うと小波用オールラウンドモデルです。



というと聞こえがイイですが、

裏を返せばオールラウンドタイプというのは

全てに中途半端でもあるということでもあります。


その中途半端、

いやよくいえばベーシックなもののポテンシャルを引き出すのはライダーのスキルな訳です、


ただ、今まで癖の多かったyas小波ラインナップに結構正統派なヤツの登場かなって感じです。


でテール形状はご覧の通りスカッシュとラウンドを用意。


小波でもスピード出したい人はスカッシュ、

小波でもカーヴイングしたい人はラウンド、

ちょっとスケボーでもやるようなイメージで乗ってもらえたら楽しいんじゃないかなってことで、

今回作のモデル名は

Sk8er Boy(スケーターボーイ)にしました。

あ、もちろんBoyじゃなくてもガールでも熟女でもおとっつあんでも、、


いろんな方からのご注文お待ちしております。。

感謝。

へへぇ、、


Comment 0

Leave a comment