Rock Fish

ず〜っとあった波も落ち着いてきたので、

ここらで一丁サーフボードネタでもってコトで、
(ていうか、昨日も今日も全然やれば出来る位あります、海さんの様子は後ほど)


えと、昨日シェイプしたロックフィッシュが結構自分の中で手応えあったので

ちょろ、、


仕上がりからお見せ致しますと、

170405rf1.jpg

170405rf2.jpg


こんなで、ベーシックなフィッシュです。
(実際は写真よりもうちょっとFatな感じです)


最近ではこちら、

170405rf3.jpg


トムボーイのRock Fish Kidsの方が露出が多かったですが、


基本は今回のRock Fishがオリジナルです。


で、ふた昔位前、まだ髪の毛があった頃のKさんが

ノーズロッカーのやたら強くて薄い6'2"位のスラスターとかを

スタンダードの乗り始めてから、

一般的にその辺のレングスが常識となり、

小波用セカンドボードとして登場してきたのが

当時「トライフィッシュ」と言われたこんな感じの板。



それでも当時は5'10"とかのこの形で、

今考えれば何でそんな長いフィッシュに乗ってたんだろうって感じです。


ここ最近はオールラウンドに乗るショートでも長くても5'10"とかなので、

当時の6'2"とかはなんだったんでしょうかね。



で、話は戻りまして今回のこれ、

長さは5'6"でウレタンフォーム。

なんかここ最近のいろんな変なデザインが出回ってる中で

すごく正統派な感じがしました。



基本に戻りつつも最近のサーフィンにあったレングスでやるサーフィンってのも

イイですよね。


我の場合、職業がら乗る板が結構冒険的な形やスペックだったりするので、

この板は我ながら凄く新鮮に映りました。


色々試行錯誤して過激になりつつあるサーフボードデザインですが、

「シンプルイズベスト」という昔からある言葉を思い出しました。


小波用とはいえあんまり色々な要素を取り入れると、

面白さはあるものの、飽きるのも早いっていうのも事実です。


今流行りの、ダブルウィングやチャンネルボトムとかはそれなりの効果はありますが、

やはり最後はベーシックなものに戻っていくのが

これまでのサーフィンライフの中で常でした。



とはいうものの、やっぱ自分用は普通じゃつまらないから変なの削っちゃいますけどね、、

へへ、


ちなみにロックフィッシュとは「根魚」という意味、


岩陰に隠れて一瞬で獲物を仕留めるそのスピードとトルクは、

サーフィングにおいてもパワーゾーンの狭いクソ小波で

必要なファクターだと思います。



さらにちなみにルアーフィッシッシングのターゲットとしても、

人気がある魚です。。


そ〜いや最近釣りしてねぇなぁ、、

はは。


そうかと思えば、こんなクラシックなロング削らさせて頂いたりとか。

170405long.jpg




ま、そんなでいつもの如くお客様のご注文から色々成長させて頂いてる次第でございます。

はい。



で、波の方ですが、

170405hm.jpg



落ち着いたとはいえ、潮の加減で全然出来ますよ。


暖かいですし、


本日は今年初、裸足で仕事させていただきました。

170405hadasi.jpg


やっぱ暖かいとイイですね。気分とか。

ふ。



さて、地形もイイですし、

次のスウェルが楽しみですね、


へへぇ、





Comment 0

Leave a comment