冬至

え〜本日、冬至でございます。

1年で一番陽が短い日。

のワリには暖かかったですね。


こちらは本日、

暖かかったんでチャリで出勤途中のショットです。

161222usm2.jpg

161221usm1.jpg



明日からはすこ〜しづつですが陽が伸びていきます。


いや〜嬉しいですが、

気温と水温はまだこれからが寒さ本番ですね、

気合い入れて行ってみたいと思います。



で気合いと言えば、昨日終了したWCTの最終戦での選手達です。




舞台はハワイ、パイプライン、

クオリファイやトリプルクラウンの行方、

さらには誰が勝つと誰がどうなるみたいな、

裏の事情を知れば知るほど興味が尽きなかったコンテストでした。



ある程度その辺の事情を知ってた我は、

仕事もそっちのけで朝からライブにかじりついてました。


で、カノア 五十嵐選手の快進撃によりかなり興味深く尚且つ感動的なものとなり、

ライブ中に別タブ開いてそのネタブログの記事を書き始めましたが、


あまりに長くなってしまうのと、

「我ごときがねぇ、」

とか思ってその記事投稿するのやめました。
(なのでPIPE MASTERSネタが今日というワケです)


案の定SNSやサーフィンサイトを観ればその事だらけで、

サーフィンジャーナリストでもない我が、

「知ったか」な事書かなくてよかったなって思ってます。

はは、



ただ一言、どこのサイトにも見る範囲のSNSにも書かれてなかった事を言わせてもらえれば、




「育った環境と生まれた国の国民性」というものの重要さ


というものを思い知らされた感じです。



100%ピュアなジャパニーズブラッドでも、

本人の努力とその条件があれば、

WCT選手になる事も、ツアーでファイナリストもしくは優勝する事も可能だという事を

カノアは証明してくれました。


あんまり文章が上手くないんで誤解を招くといけないんで、

今一度補足しておきますが、


日本人サーファーが世界レベルで活躍できないのは

フィジカルではなくメンタルの問題なんだよ、

とカノアは教えてくれたんだと思うという事です。



彼の事をアメリカ人と思うか日本人と思うかは個人の自由ですが、

偉業である事は事実ですよね。


何れにしても明るいニュースである事には間違いありません。



明日からいよいよ陽の暦です。

寒さに負けずカノアに負けず、明るく行ってみたいですね。

ひ〜ひ〜。

Comment 0

Leave a comment