新作 !

えと、またちょっとイメージが湧いたのでシェイプしてみました。

自分用、小波用テストボード。

aff2.jpg


5'3"x20"x2"7/16 名付けてAfter Grow Fish !

直訳すると「成長した後の魚」

いや特に深い意味はないんですが、

既存の小波モデル「アフターグロウ」のさらに小波対策モデルなのでこのネーミングです。


で、今回の肝は、このウィングです。

agf1.jpg


本来ウィングというものは、

そこまできたアウトラインのままテールまで行ってしまうとテールが広くなりすぎるので、

ここで1発絞るために施されるものです、

なのでダブルウィングとかはさらに絞り込んでるという事になります、

が、

今回はそうじゃなくて、

先に理想のテール幅を設定しておいて、

さらにもっとスピードや浮力を得るためにウィングを付けたというイメージです。

その名の通り正に「羽」を取り付けた感じ、、

事実オーストラリアではウィングではなく「フライヤー」と呼ぶ事もあります。

agfbotom.jpg


で、テールエンドは深く切り込まないタイプの浅いスワローで

この付近の浮力を確保してます。

ロケットフィッシュの様に深く切り込んでしまうと、

その切り取ったフォーム分の浮力を失う事になります。


さらにスカッシュの様にテールの端を丸めないので角を残すタイプのテールにする事で

このレングスでも最後の最後までレールラインを使ったサーフィンが出来る様にしてみました。

短い板でテールをラウンドさせるとクリクリとした動きになりがちですからね、



と、久々にかなりノーガキこいてみましたが、、


簡単に言うとロケットフィッシュとネオシモンズのイイ所を取って、

さらにちょろショートボードテイストをトッピングしたものをEPSで創ってみました。

と言った所でしょうか。。


ちなみにこちらは以前からある元祖After Grow Modelです。

aftergrow1jpg.jpg

今回作と比べるとかなりシャープです。


で、

まだ、シェイプが終わったばっかなので、テストライドは1ヶ月位は先になりそうですが、

本格的に寒くなる時期にこういうのがあるとまたモチベーションが上がります。


前回紹介したニューウェットもあることだし、

今冬は快適に楽しくサーフィンさせていただく予定でございましゅ。


感謝〜。



Comment 0

Leave a comment