スーパーリスペクト

えと、ちょっと真面目な(かな?)サーフィンのお話、

先週末にかけては千葉ではWQS6000の試合やJPSAのロングの試合が行われていて、

現役を引退した我も暇をみてはネットのライブを観てました。

どちらの大会もどの選手も素晴らしいパフォーマンスとドラマを観せてくれました。

が、

今現在フィージーにおいて行われているWCTの女子部門が凄いことになってます。


何が凄いって、あのベサニー ハミルトンがQ Finalまで進出してるって事。

べサニーは将来を有望視されていたもののシャークアタックにより片腕を失うという不幸に見舞われ、

その後も不屈の精神でサーフィンを続け、ワールドレベルのサーフィンを保っているという半端ないサーファー。


その生き様は映画化もされているのでサーファーじゃなくても知ってる方も多いと思いますが、

個人的にはえこひいき無く彼女のサーフィンは女子ワールドレベルサーファーの中で一番好きなスタイルで

女性WSLサーファーで唯一インスタでフォローしてるほどいつも気にしているサーファーです。


特に好きなのがフロントのトップアクションで、

返した後のハンドアクションと後ろ足の蹴り出しと首の向きが他の女性にはない格好良さがあります。

サーファーとしてかなり重要な後ろの腕が無いのにも関わらずなんであんな事できるのっていうサーフィンです。


あ、で前置きが長くなりましたが今回はこの動画を貼っておきます。



彼女のサーフィンはYou Tubeで検索すれば山ほどヒットしますし、

WSLサイトでも現在のLIVEを観る事ができますが、

あえてコレです。

全て英語ですが、画だけでもなんとなく解りますし、

少し英語がわかる方なら結構理解できると思います。

今一度自分がどれだけ幸せな状況でサーフィンできているかを確認できると思います。



で、動画つながりで申し訳ないんですが、

彼女に比べれば天国レベルの好条件な子供のバカな親がシェープした板でサーフィンするその過保護っ子の映像をそのバカ親が編集した(これだけへり下ったんで許してください。。)

スーパースポイルド(超過保護という意味)モデルのテスト動画第2弾!
ホントはRockfish Kids Modelです。




超ハードコアなべサニー ハミルトンに比べればスーパーソフトコアとでもいいましょうか、


ま、こういうのもサーフィンという事で、

各々のシチュエーションで楽しんでいける素晴らしいアドベンチャースポーツという事でよろしいでしょうか?

へへ、、


Comment 0

Leave a comment