南下deサーフボードテスティンぐ〜

え〜と、結論から申しますと、また南下しちゃいました本日、、

いや、シェイプもしなきゃいけないんですが、

なんてったって天気もいいし気温も高いし波も有りそうだしFlatter Stick Almondの違うフィンでのテストもしたいしって、、

色々ありまして行ってまいりました。


で、じゃチョイの間あそこで1Rって思っていつものビーチにチェックインすると、

160523atgw.png

あら〜、これ、なんで、、って感じの状態でして、、

困ったな〜、潮の引きいっぱい狙いで来たから下田まで行ってもダメだし、

ってチョット考えて、あ、あそこだなって思って15分程南下したこちらまで行ってみますと、、

こちら、

imaihama160523.jpg

セットでアタマ位のメローでロングランできるイイ波に遭遇できました。


フロントサイドでのFlatter Stick Almondをテストするには過去最高のコンデションで

いろんな角度からいろんな動きをのテストする事ができました。


ここの波の特徴である広くて長いオープンフェイスの斜面にいろんな角度からアプローチしてみて

かなり良いテストライドをする事ができました。


結果簡単に言うとEPSのテールが厚いラウンドテールはトップでのペラっときたリップに合わせて返すのが凄く楽しいです。

あとショアブレイクのホレたセクションでちょっとエアー気味なロールインで合わせて行っての着地もかなり安定します。

これは両方ともかなり後ろにスタンスする事によって、スカッシュよりも絞ったテールエリアの特性が活かされてるものだと思います。

が、逆に緩慢なセクションではスカッシュ程は走らないので、
ラウンドテールの特性を活かして左右のレールを入れてスケーティングしてつなげていく感じでしょうか、

ちなみに本日のフィンセッティングはこちら、

curver.jpg

サイドがCURVERで、センターが旧FCSのGSのツインライクな感じで、

いや、このCURVERが良かったのか、
FCSのノーガキにも書いてあるオープンフェイスでのカーヴィングが気持ちイイかったです。


で、今の所の結果は、今回のFS Almondは前回のノーマルFSに比べて高度なテクニックまでカバーするという感じです。

故にライダーの技術も必要ですが、基本的には小波用の一般向けモデルなので小波でのクイックな動きを楽しんで欲しいと思っております。

フィンはサイドフィンをやや大きめに、センターはやや小さめにすると走りやすいです。


いや、それにしてもイイ波でした、

距離的には伊豆では一番のライトブレイクなので、
フロントでのいろんなセクションでのいろんな動きのテストができて久々ストークしました。


で、帰り道に午前中寄ったいつもお世話になってるビーチに、、

サーフィンじゃなくってちょっとお魚検査に立ち寄って久々に竿を振ってみたのですが、、

遊んでくれたのはコイツでした、、

fugu.jpeg

かなり怒ってます。。

いやいや、フグでも久々の魚信(魚が掛かった時のビクビク〜っていうあれ)でしたから、

サーフィンにお魚に満足した1日でした。


で、こちらはインスタグラムに投稿した本日の写真




イイ感じです^^


というワケで明日からシェイプルームにこもります。く〜〜。

へえへえ、、

Comment 0

Leave a comment