始まりました。

え〜、いよいよ本格的に寒くなってまいりまして、サーフィンも億劫な時期に突入ですが、

そんな中ハワイでは、WCTの最終戦のBillabong PIPE MASTERSがスタートされました。

で、今日その本戦へ向けてのトライアル(予選)行われていて、

朝のうちだけライブ見てましたが、凄い波でした。

unk.png

その中で「ちょ〜うめ〜」って思ったのがジャック ロビンソン、

jr.png
Jack Robinson

JOBやメイソン ホーもかなり凄いんですが、

mh.png
Mason Ho

上手さではジャックがブッチギリって感じでした。

本日のハイライト映像はこちらから
↓↓↓
http://www.worldsurfleague.com/posts/165837/mens-pipe-invitational-highlights-video


で、このジャック ロビンソン、WQSランクはかなり低く、

来季WCTにクオリファイするのは同じオーストラリアのジャックでも、
ジャック フリーストーンの方。

あれ?じゃあこの間のワールドカップで凄かったのはどっち?

ロビンソン?フリーストーン??

て感じになっちゃいますが、いずれにしても凄いジャックが2人いるのは確かです。。


で、今年は現時点でワールドタイトルを取る可能性がある選手が6人いるという前代未聞の状況でして、かなり面白いことになっております。

ちなみにその6人は、ミック ファニング、フィリーペ トリード、エイドリアーノ デ スーザ、
オウエン ライト、ジュリアン ウィルソン、ガブリエル メディーナというメンツ、

オーストラリア3人、ブラジル3人という状況なんですが、

情報によると今日のパイプラインでオウエン ライトが怪我をして病院送りになったとかで、

怪我の状況によっては5人になる可能性もありそうです。


で、以下パイプマスターズのリンクを貼っときますますので、

暇な方は観に行ってください。

http://www.worldsurfleague.com/events/2015/mct/1317/billabong-pipe-masters

http://www.vanstriplecrownofsurfing.com/billabongpipemasters2015

今回も脇田プロをはじめとする日本人パイプスペシャリスト達の日本語解説も常時ライブ配信されてますので、とてもわかりやすいライブ中継となっております。


この試合で今年のサーフィンのワールドチャンピオンが決まります。

しかも場所はパイプライン、

サーファーなら観ていて損はないと思いますよ。

Comment 0

Leave a comment