Back door

yas back door
20年以上も前のバックドアでのショット。
この年はリアムマクナマラの家にステイして、
2ヶ月間みっちりパイプラインを中心に一日2ラウンド以上のサーフィンをこなしていた。
というより、やらされていたと言った方がいいかな?

この頃俺は20歳位でリアムは17歳位だったのかな?
当時リアムはパイプでガンガンツッパっていて売り出し中の真っただ中だった。
スポンサーが同じだった事もありよく一緒に行動していた。
その関係で彼の家にステイしたのだが、これが間違いの始まりだった。

朝はまだ暗いうちから起こされてまずはパイプチェック。
4フィート以上ならパイプ、それ以下ならロッキーって具合な毎日。
10~12フィートでセカンドリーフからブレイクしてる時も全然普通にサーフ。
それもだいたい2ラウンド以上はやってたな。

最初はおいおいそっちはいいかもしれないけど、
こっちはやばいよ~ってなかんじだった。
でも慣れてくると意外と平気になってくるから、人間って~のは大したもんだよね。

いつもリアムのちょっと奥にいて、
奴がフロントドアに行く波のバックドアは俺がいってたカンジで、
かなりいい波に乗らしてもらいましたね。

今じゃパイプで波をとるのは至難の業らしいけど、
当時はこんな波も結構イケちゃってたんだよね~。

でもgo~!って言われた波は必ず乗らないと次から乗せてもらえなくなるので、
かなり気合いが入ってたのも事実。ヤバい目にもあったし、ヤバいのもかなり目撃した。

その頃パイプでブイブイいわせてたのは(表現が古いね~)デレクホー、トムキャロル、
マービンフォスター、故ロニーバーン、マックスマデリオス、ジョニーボーイなど、
でリアムが赤丸急上昇中ってカンジだった。

そんなメンツにgo!て言われれば行かない訳にいかないでしょう。

ってな訳で辛くも実に充実した日々のお話でした。







Comment 0

Leave a comment