Flatter Stick Riding impression

ちょっと前に行ったTTDで

Flatter Stickの長所がよくわかる写真が撮れたので、ちょろ、、

150609ttdbs1.jpg

150609ttdbs2.jpg

150609ttdbs3.jpg

150609ttdbs4.jpg

えと、まずかなり小波だということ、

このサイズだと普通のショートボードだと全然板が走らなくて、

こういう感じで当て込むのはなかなか難しいと思います。


そこで登場するのがOhanaちゃんに代表されるの小波キラーカインドの板たち、

ですが、そのテの板は走るは走るんですが、ノーズエリアが広いので

こういう動きをするとノーズ周辺が食ったり刺さったりすることがあります。


そこでその両方の良いとこどりなのがこのFlatter Stickというわけです。

このサイズの波である程度走って、
Ohanaよりグッと絞ったノーズエリアを生かしたクイックなアクションが可能。

で、思ったより大きい波も行けるという。。


と、まさに夢のような板なのです、


が、裏を返せばどっちつかずという風にも取れるワケで、

体重が軽くてフィッシュ系の板に乗る必要のないパキパキ系のサーファーには必要ないかも、、です。

あ、でも長さを調節すれば、そういう人達の超小波クイバーにもなりますけどね。


いずれにしてもコイツはかなりお気に入りで、まだまだ乗り込んでみようと思ってますので、

また気がついた事があればレポートしてみたいと思います。

はい。


ちなみにこれスペックは5'8"x20"x2"3/8 EPSで、この時のフィンセッティングはスラスターです。

ここ最近はちょっとスラスターにハマってます。

へへへ、、

Comment 0

Leave a comment