本日の一本

いや、難しい、、

キッズの板、しかも上手い子の、しかも大きい波用、、

実はこれ、インドネシア レジェンドのガンティ氏の御子息、しゅう君の板。。

201408201.jpeg

ウチのおボッチャマと同じ年ながら既にバリのコンテストでは入賞経験も豊富で、

既に4フィートまではビビらず行っちゃうという、将来インドネシアを背負って立つであろう、、逸材、

そんな子から「yas ojisang ita sukutte kudasai. september nihon ikimasu」ってメールがあれば

シカトする訳にいかず、安請け合いしたのはいいけど、

これまでのシェイプ人生の中で最小のスペックに悩まされ、苦労させられました。。

20140820ssin.jpeg

サーフボードシェイピングというのは、小さければ小さいほど難しく、

少しのミスが大きく響いてしまうものなのです。

正直このサイズは未経験なので、今までの経験をフルに活用して各所狂いの無いよう仕事したものの、

果たしてこれが本人に気に入られるかどうかは神のみぞ知るところ、、

クソ暑い中、苦労して出来上がった作品が、しゅうボッチャマに気に入って貰えて、

今度バリに行った時にはいい待遇してもらいてぇなぁ~、とか、、

行く予定もないのに思ったりしてみた汗と粉まみれのOjisangでありました、

とさ、、

あふ~。

Comment 0

Leave a comment