Fun Board !

本日の1本、6'11"x56cmx6.8cm EPSのファンボード、

20140610611fn1.jpeg

20140610611fn2.jpeg

これ削ってて思ったのは、これからサーフィンを始める初心者はこういうモノで始めるべきではないかという事。

前々から思ってたんですが、
ロングボードのリバイバルによって老若男女いろんな方々が
サーフィンというものに興じる事になったのはイイ事なんですが、
それは今まで海にいなかった海に対して未熟な人がラインナップにいるという事なんです、

(最近サーフィン始めた人はロングのリバイバルってわかんないと思うけど、
ロングボードは世界のサーフィンの歴史の中で一定期間一定の場所をを除いては失くなっていました、
その期間にサーフィンを始めた人はイヤがおうでもショートから始めるしかなかったので
今の初心者とは気合が違ってました)

ロングはとりあえず立ってライディングするだけならほとんどの人が出来てしまうので、
自分は「サーフィンが出来る」と勘違いしてしまうんでしょうね、

ま、それはそれでいいんですが、

大変なのはその後で、9フィート以上ある浮力たっぷりの板を操るのは
ショートを10年以上やってるある程度リップできるサーファーでも至難の業なのです。

それをつい最近始めた位の方たちが沖から1本の波に5~6人並んで乗ってこられた日にゃ~
どっちに避けていいもんだか、、、
(いや、最近子供と一緒にサーフィンする機会が多いので、
こういうシチュエーションに出くわすことが多くて、、正直マジ恐いです)

ましてやそんなアンコントローラブルな板で女性や子供がひかれちゃったりしたらとか、、
考えただけでもゾッとします。

で、久々にノーガキっていうか前置きが長くなりましたが、
そういった初心者さんにいきなりショートで始めろというのも酷なので、
冒頭に出てきたこの位ファンボードがいいんじゃないかというお話でして、、、

このサイズだとロングほど簡単には波に乗せてもらえず、
ある程度の修行が必要ですが、乗れるようになりさえすれば
ロングでは到底覚える事が出来ないターンの本質というものも早く習得する事ができます。

これが出来てから自分はロングなのかショートなのかのチョイスをするのが
正しいんではないかと思うのです。

ようは全くの素人のまま沖に居るのではなく
サーフィンの事をある程度分かってから沖に向かう状態です。
この方が自分自身や他人の為にもなるということが言いたいのです。

ロングボードを否定する気はありませんが、
ほぼ絶滅していたロングボーディングがリバイバルしたきっかけは、
ショートでは出来ない位波の小さい日に
ショートの達人たちが遊びの一環で昔のクラシックなムーブを楽しんでいたのが始まりです。

ロングボードとは、上手い人達がもっと難しいことを楽しんだ道具であって、
決して初心者用のエクイップメントではないということを今一度確認したくて久々に長文書いてみました。


これから海水浴客というもっと恐ろしい人たちが海にやってきます。

同じ海を楽しむ者同士、事故の無いことを祈ります。。

Comment 2

2014.06.13
Fri
13:42

shigeru@build for speed  

同感です

その通りです!!!

2014/06/13 (Fri) 13:42 | REPLY |   
2014.06.13
Fri
20:33

yas  

shigeru@build for speedさん、
御賛同ありがとうございます。
サーフィンをやる以上、
方向転換ターンだけで満足しないで
レールとサイドフィンを使ったドライブターンの気持ちよさを
皆に知ってもらいたいです。

2014/06/13 (Fri) 20:33 | REPLY |   

Leave a comment