最近の水揚げ

いや、急に寒くなりまして、、

本業サーフィングと同じく「もやしっ子オヤジ」ぶりはフィッシングでも存分に発揮されてまして、
今冬まだ一度も本格的な夜のメバリングには行ってない始末です。

それでも、先日の病み上がり一投目でこれ、

140206mbr.jpg

29cmの泣き尺(尺=30cm、その一歩手前をこう呼びます)
お産も終わったようですので久々キープしてお皿の上で記念撮影です。

で、更に日中メバリングでは小さいながら、

140206mbr2.jpg

140206mbr4.jpg

140206mbr3.jpg
これ、色違いの、
たまにコイツが釣れるとなんか子供の頃の「当たり」みたいでちょっと嬉しかったり、、

で、デイメバリングの外道で、ヨロイメバル、

140206yrimbr2.jpg

140206yrimbr1.jpg
メバルっていうよりどっちかっていうとカサゴの親戚っぽい感じ、

140206ksg.jpg
でそのカサゴやん、、

あとはここ2~3日全然釣れなくなったカマスさん、
ちょっと前までタイミングで入れ食いだったけど、いよいよ居なくなったっぽいかな??
140206kms.jpg

カマスも美味しく頂いてるのでお皿の上で記念撮影です。

で、今回のオチはコチラ、グーフーです。

140206fg.jpg

ことごとくワームを食いちぎっていくニキぃヤツ。

でも我ぐらいのお人好し?お魚好し?になると、、
こういうのもちゃんと釣り上げて、、
処刑したいところを、写真まで撮って、生きたままリリースしています。

よく堤防とかでフグとかアイゴとかネンブツとか、
いわゆる雑魚をそのまま殺しちゃってる人いますけど、
そういう人は絶対いい死に方しませんよ、、

無益な殺生は必ず自分に返って来る事、、

釣った魚は食べましょう、
食べないんだったら誰かに食べてもらうか優しくリリースしましょう。

ちなみに我は魚をさばいた際に出るアラや内蔵も
海に持って行って鳥や魚、カニとかに食べてもらってます。

我々は生かされてるって事をもっと意識したほうがイイと思います。

大自然に感謝でございます。

Comment 0

Leave a comment