EPSな、、

シェイパーとして当たり前な事なんですが、
今までシェイプしたサーフボードのデータは自分が見れば分かるようにノートしてあります。

で、今日ふと気付いたのが最近のEPSのオーダーの多さ、、

2~3年前からその需要が急激に増えて、最近ではご覧のようにほぼEPSです。

131205eps.jpg
(右端がブランクマテリアルの種類、空欄はウレタンフォーム)

正直EPSに関しては問題も多々ありまして、この場を借りて言わせて頂きますと、、

まず、色焼け、正直かなり黄色くなります、カラーリングにも難があり、
フィンに関してもグラスオンは不可能でフーチャーorFCSⅡかフュージョン、
となるともしぶっ壊しちゃった時が超大変、、
あと折れやすいし、自分でリペアもかなり難しい、、
そしてなにより、かなり高価、、、、かなり高価です、、

とデメリットが多いマテリアルにもかかわらず、このオーダーの多さ、

それはメリット云々より、一度乗った人がリピートしているということなんです。

我自身今はEPSしか乗ってませんし、
一度乗ってしまったらウレタンフォームには戻れないものがあります。

これは人それぞれの好みの問題でEPSは合わないという人ももちろん沢山いますし、
前述したデメリットの多さから決してオススメするものでもありません、

ちなみにワールドクラスなサーファーはあまりEPSはお好みではないようです。

ですが、、ここら辺でチョイチョイやる分にはかなり調子イイのも事実、、、

参考までにこれ今日のホームブレイク、、

131205hm.jpg

こんな事の多いここら辺ではそのポテンシャルは存分に発揮する訳です。

更に参考までに、傾向として体重のあるサーファーに人気で
軽量のサーファーには不評という事も付け加えておきましょう。。。

Comment 0

Leave a comment