OHANAのお取り扱いについて、

台風からのうねりも落ち着き、「4丁目」とまではいかなかった本日、、

子供ポイントでの、子供も満足行かない程の小波でのビデオを☑してると、

先日の超小波でトムが撮ってくれたOyage画像が出てきたので、

ちょっとUPです。。

いやこれ、最近ちょっと引っかかってた「OHANA」のバックサイドが難しいという、

ユーザー様からの意見に、少しでも参考になればと思い、

OYAGEの見苦しい写真なんですが、


まずはこれ、

ohnnrkt12.jpg

OHANAは基本的に小波をスイスイ走ろうというコンセプトの下、生まれたモデルなので、

力を入れないで乗って下さい。

こんな感じで、あんまり板に体重をかけないイメージで、フワフワと、特にバックサイドは、、


で、つぎはこちら、

ohnnrkt1.jpg

当て込むセクションがあっても決してタテには当て込まず、

遠くからそこにナナメに行くイメージで、リップをナメル感じで、

その際も力は抜いている感じがイイです。。特にバックサイドは、、


バックサイドはカカト側に体重が掛かる為、コントロールが難しいですが、

上半身を波に対して背中を向けないように意識すれば、

トップターンとかは逆にフロントより派手なアクションが可能なステージでもあります。

抜くとこは抜く、入れるとこはいれる、みたいなイメージが出来ると、

カッコイイバックサイドサーフィンができるようになると思います。

特にOHANAの様な幅広なセンターフィン無しモデルでは、

体の力を抜いて、

波に対して背中を向けない進行方向むきなサーフィンが効果的です。

皆様も今度試してみてくださいませ^^

フツ~の板乗ってる方にも効果的だとおもいますよ♪

Comment 2

2013.07.16
Tue
10:41

shigeru@build for speed  

>上半身を波に対して背中を向けないように意識すれば
画像もいいですが、これって、スゲーいいアドバイスですね!

2013/07/16 (Tue) 10:41 | REPLY |   
2013.07.16
Tue
21:08

yas  

Shigeruさん、ありがとうございます。

「バックサイド」という言葉の響きが苦手意識の一つの原因ですよね、、

数ある横乗り系の中でもサーフィンのバックサイドが一番難しいんじゃないでしょうか??

だから尚更、「背中を向けないように」です^^

2013/07/16 (Tue) 21:08 | REPLY |   

Leave a comment