Old school

その昔、aspがまだIPSだった頃千葉の部原で今で言うWCT
(その後何度か続いた丸井プロの第一回目)的なコンテストがありました。

そのコンテストの決勝でハワイのデーン ケアロハをやっつけて優勝した
ウエイン"ラビット"バーソロミューが乗っていたのがこんな感じのツインフィンでした。

66hm.jpg

当時としても「昔っぽい」デザインでありましたが、
その頃そのラビットのシグナチャーボードをシェープしていた山崎市朗氏が
コピーしたボードに試乗させていただき、その調子の良さにびっくりして、
当時のシェーパーだった小林正明氏に頼み込んでそのアレンジモデルを3本シェープしてもらいました。

当時はトライフィンの出始めで猫も杓子もフィンが3本付いてましたが、
オレはあえてツインフィンにフラッシュバックして、
まだトライフィンの取り扱いがイマイチわかってない選手相手に
ツイン特有ののクイックな動きで対抗させていただきました。
(世界選手権代表選手に選ばれた時はこのモデルでした)

で、最近久々にこういうカインドの板をシェープしてその当時の事思い出して、
またこういうの乗ってみようかな~とか思ったんで、ちょっと書いてみたんですが、、

ちなみにこのモデル"Hot MANGO Model"といいまして、
来月初めには甲府のSANDY BEACHさんに展示されますので
興味のある方は観にいってくださいませ~。

Comment 0

Leave a comment