Latest Entries

December

はい、12月です、速いです早いです。

いやいや、ホントに早いです。


あと30日で今年も終わりですよ。参りましたね、


これじゃ〜歳もとるワケですよね。

ふ〜。


ま、でも、そんな事より今の事、

って事で、


今日は波が上がりました。

161201bpl3.jpg



波がありましたと言う表現より「上がりました」と言う表現がピッタリくる海さんの様子でした。

161201bpl2.jpg

朝はカメラで見る範囲では「お、少しあるな」程度で、

仕事に向かうときは「あれカメラで見るより全然デカイじゃん」位で、

昼で一時帰宅時にはこちら、

161201bpl1.jpg



セットはバンバン来るは、アウトは砂田と変なブギーおじさんの二人というシチュエーションに

こりゃ〜昼飯どころじゃね〜な、ってパドルアウトして

2時間半乗りっぱなしで、、久々マジで疲れました。。


161201bpl4.jpg



で、上がったら、しゅ〜とサイズダウン。。

いやいや、一瞬のイイときやらせていただきました。

へへぇ、、


で、例のAfter Grow Fishもかなりいろんな角度からテストできまして、

いろいろ分かってきました。


ま、その辺はまた今度って事で、


そんなワケで、いきなりの思いもよらずなグッドサーフで迎えた師走でございます。


水温もやや下がったとはいえまだ全然問題なしなレヴェルですので

今月もKeep on Surfingで行ってみたいと思います。

はい。


動画で

いや、やっぱあれですね、

板が新しいとサーフィンやりたくなります。


ここ2〜3日は宇佐美で波があったから良かったんですが、

いよいよ波が無くなって参りまして、、


ど〜してもサーフィンしたいんで、久々こちらまで行った来ました。

161129atg.jpg

が、ご覧の様なコンディションで、

出来なくはないけど、かなり無理矢理で、誰もやってないし、寒いし、、


で、

仕方なく帰ってきました。


夕方の宇佐美に期待したけど、


やっぱダメ、、


あ〜サーフィンしてぇ、ってなモードですね只今


しかも今回作は乗りがいのあるじゃじゃ馬なので、

いろんなタイプの波でサーフィンしたいっす。


そんなワケで、ここ最近の動画を貼っときます。








ちなみに今一番やりたいのはオンショアのハラ〜ムネのビーチブレイク。

そんなのいつでもありそうだけど、やりたいと思うと意外と無い。


いやいや、自然相手のサーフィン、いつもワクワクさせていただいております。

ひゃっほう。



After Grow Fish

さてさて、いよいよできあがりましたニューボード、

5'3"のAfter Grow Fishモデル。


昨日湘南ミッションでゲットしてまいりまして、

昨日のうちにチューンナップしちゃいまして、


こんな感じで、

agfdeck161125.jpg


agbttom161125.jpg


いや、今日は波があるのはわかってたんで、すぐ乗れる様にと、、


あ、でも一般のお客様は、

サーフボードは出来上がってから2週間ほど寝かせると

更に硬化して凹みにくくなりますので、

我慢できる様であれば少し置いといた方がイイです。


ま、我の場合乗るのが仕事なので

ゆっくり置いとくわけにいかず、

波もあったので早速乗ってみました。


まずは、昼前の「浜」


161125hmtest.jpg


クソダンパーの合間のカレントの中のヤツ乗ろう思って入ってみたものの、

これ全然良くなくて、

テストどころかパドリングトレーニングで終わってしまいまして、


気を取り直して夕方前のこちら、B.point Righitで、


161125bprtest.jpg


一時はとるさとサシでセット胸のコンディションの中

2時間ほどテストしました。


で、第一印象は、


短い


でした。


前回作Butter Fishは5'4"でしたが、そんなに短いとは思いませんでした。

が、今回のAfter Grow Fishの5'3"は1インチ短いだけでかなり短く感じました。


ま、今回作は幅もアウトラインも細身というか、小さめに設計してあるので、

余計にそう感じるんだとは思いますが、

なんかとても小さいものに乗ってる感じでした。


ですが、波のポケットにハマった時のクイックさはかなり面白いものがあります。


そもそもこのモデルはトムボーイの5'1"Rock Fish Kidsからインスパイアされたものでして、

小波用というより、コシ〜アタマ位までを

スケートライクなサーフィンをするイメージで創ったので、

マッシーな小波で走るというよりも、

小波のパワーゾーンを楽しむというコンセプトという意味では

この先のテストがより楽しみなファーストインプレッションでした。


一言で言うと「じゃじゃ馬」で「こいつは乗りがいがあるな」といった印象でした。

正直今日の所は「調子いい」というより「これおもしれぇ」って思いました。

agfqsetting161125.jpg

こちらは本日のフィンセッティング、

サイドはアクセルレイターのSサイズ

リアはパフォーマーのクアッドリアのSサイズ。



で、いままで百本以上の板を乗ってきたと思いますが、

一つ言えるのは、最初に乗った時に「調子いい」って思った板って実際調子いいんですが、

以外と飽きるのが早かったりします。


その反対で最初「なんだこれ?」って思った板って

本当にダメか、

慣れるに従って凄く良くなってきたりします。


今回作はちょっと「なんだこれ?」っていうか、

板の方から「乗りこなせるもんなら乗ってみろ」って言われてる気がする様ななんか、

サーファーでありサーフボードシェーパーである我を試されてる感じの面白さを感じる板です。


人によってはこの手のイメージの板は嫌がる方がいますが、


こういう板こそ自分を上手くさせてくれる板かもしれません。


今日リップをエグった時のあのフィーリングを、

あのB.Rightのマッシーな波で感じさせてくれたこの板。


ツボさえ押さえれば最高な板になるのか、はたまたただのじゃじゃ馬なのか、


25年シェイプしていてもわからない面白いものを手に入れました。


これだからサーフィンもシェイプもやめれないっす。


くくく〜。



四十九日

いや、しめっぽい話なんですが、

本日、先月に亡くなった実弟の秀哉の四十九日法要でした。

49days161123.jpg


B.pointの正面ある行蓮寺にて、

サーファーのご住職による心のこもったお経のあと、



伊東市営の霊園墓地に、サーファー達で納骨を済ませて参りました。

noukotu101123.jpg



これで、いよいよヤツもあの世に旅立つワケです。


晩年はロクなもんじゃなかっただけに無事あの世行き出来るか心配ですが、

今日みんなで御題目唱えてきましたので、

その力でもって成仏してもらいたいものです。



で、最後になりましたが、

この場を借りまして、


葬儀の際、そして本日の法要にご参加いただいた方々にお礼を申し上げます。


ありがとうございました。



今後も新生LM Surf そして鈴木家をよろしくお願い致します。


南無〜。




ビーチクリーンと

えと本日、小春日和と言うか小夏日和というような陽気の中、

月例宇佐美ビーチクリーンでして、

我は欠席でしたがこんな感じで執り行なわれました様です。



詳しくはこちらのLMブログからどうじょ。
↓↓↓↓
LM SURF BLOG


ご協力頂いた皆様ありがとうございます。


で我はと言いますと、

白浜で行われた「ストレイトアップカップ」というコンテストに

トムボーイの引率で行ってまいりました。

161110sirahama.jpg



結果は敢え無く1コケでしたが、

それ以外にいろんな面白い対戦が見られました。


まずはこちら


最近宇佐美で目立ったサーフィンをしてるキッズの2人、ユイト(左) とリオ

セミファイナル前のショット。



今回はリオの勝ちでユイトは惜しくもファイナル進出はならず、、


ちなみに前回はファイナルでユイトが優勝でリオが2位、、


く~~


この2人、イイ感じのライバル関係でイイ感じで成長しております。


続いてこちら、


ライバルではないものの、ある意味ライバルな2人、

サムオー(左)とキヨトのこちらはセミファイナル後のショット。



最後の最後にサムオーが乗った波で逆転か?と思われたものの

惜しくもその波はタイムオーバーでカウントされずキヨトがファイナルへ、、


サムオーにしてみれば悔やまれる結果ですが、

2人共笑顔でさすがマスタークラスと言ったところでしょうか。

ぷぷ



ちなみにこちらはそのキヨトのご子息のケンユウ、




前回に引き続きプッシュクラス優勝です。

イエイ!

この調子でキッズクラスになっても活躍してほしいですね。


そんなわけで季節外れの暖かさだった本日の日記でございました。


が、やっぱトムボーイが良い成績残せないと

ちょっとつまんねぇなっていうのもホンネなオヤジです。


いや、これからもタテマエ1% ホンネ99%なyas Timesでいきたいと思います。


へい。

お知らせ

えと、お知らせです。

今週末は月例宇佐美ビーチクリーンでございます。

毎度ですが皆様のご協力の程を、お願い申しあげます。


尚、我はちょいとヤボ用のため今月はお休みさせていただきます。

さーせん。。


ここ最近宇佐美でサーフィンを楽しむ方も増え、

またビーチクリーンに参加していただける方も増えております。


今月も多くの方々のご参加をお待ちして居ります。


で、こちらは本日の様子。


161118usm.jpg


こうやって見ると結構乗れそうですが、


乗れそうだったのはこのセットのみでした、



ロングやる方には良さそうなコンディションでした。



で、こちらはオマケ、


jsonusm.jpg
Photo : Nick Nakamura


先日の我がホームでのJSさん。



見慣れた階段をバックにワールドランカーのショット。


こんな事もあるんで、


普段から綺麗なビーチをキープしたいものでございます。


へい。


波ある

ここの所、良し悪しは何れにしても、

ずっと波あります。


一昨日とかは結構サイズありました。


で、昨日と今日は久々Gopro携えの入水だったので、

その様子です。


これは本日、

hama161113jpg.jpg


こんなメンツでした。

kttom.jpg

kenyup.jpg


セットはダンパーでしたが、それを食らいつつ合間のスモールからミドルサイズの波を選んでの修行系のサーフィング。


ケンユウボーイ果敢に攻めてました。

kenyu.jpg


変わってこちらは昨日のトムボーイ、

tombo161112.jpg


引きいっぱいから上げ始めを狙ってのB Leftでのクイックセッション。

2日間とも天気も良く気温も水温も高くて、いいカンジでございました。


動画も編集しましたので、こちらもど〜じょ。



これから真冬に向かっていよいよ波がなくなる時期に突入です。

まだ、水温の温かいこの時期にたくさんサーフィンしておきましょ〜。

へい!


ブラシ完了

いやいや、毎度の私事で申し訳ないんですが、

昨日、「ってなワケでの湘南ミッション」で、

先日シェイプが終わった我のニュー板が、エアブラシが完了していたので

ちょろ、、



久々にお好みの「スプラッシュ柄」にしてみました。

newitan.jpg

newitad.jpg

これにカーボンとディケール(マーク)が入るとまたカンジが変わるので、

どうなるかまた楽しみです。



この後フィンプラグをONして、ラミネート、ホットコート、サンディングの各工程、

各セクションの達人達の作業を経て仕上がるといった具合です。

laminate.jpg
こちらはラミネートを待つサーフボード達。



で、これは今回我の板(EPSのサンドフィニッシュ)の場合の作業行程で、


これがウレタンのポリッシュ仕上げだったり、

レジンカラーを施したロングのシングルだったり、

FCSのX2であったり、、ツインのグラスオンだったり、、


その板によって作業行程も日数も色々変わってくるワケです。




職人が造ったサーフボードって正直高価ですが、

こうやって工場でその一つ一つの行程にその道のプロの手が施されていて、

1本のサーフボードが出来上がっていくことを考えると、

機械で作ってる量産型のそれとは違うというのも分かっていただけるかと思います。


いずれにしても、近いうちに出来上がるマイブランニューボードに

いい歳こいて、ワクワクしているおじさんでございます。


いや〜サーフィンていいですね、、

くくく〜。





Jordy Smith 来たる

いや〜久々にびっくりしました。


本日なんと、

ワールドランク3位のジョーディー スミスさんが我がホームブレイクに来られまして、

ちょっとだけ一緒にサーフィンさせていただきました、な、お話です。


が、しかし、今日のホームはサイズは昨日より上がったものの、

クオリティ的には全然良く無い感じで、

果たしてコレでジョーディーがやるのかと思いきや、


「浜」の方でやるって言うんで、


こんな機会は滅多の無いなと思い、

Goproを携え一緒に入ってみました。


いやいや、以前にも何度か書いてますが、

ジョーディーのサーフィンはある意味世界一だと思ってますし、
(ジョーディーの事はサーフィンに限らず、
彼のコンテストに対する姿勢とか色々ネタにさせていただいているので、
興味のある方はyas Timesをさかのぼってもらえると色々出てきますよ。)

その「生」が自分のホームで見られるのは夢の様なことですからね。


以下、本日の様子です。

jdfinset.jpg
フィンセット中のJS カメラ目線いただきました。

yaswjdq.jpg
その板を見せてもらって、喜ぶOyage く〜。
Photo : Kiyoto

jdwyas.jpg

ジョーディーとのツーショット。波が悪くて機嫌悪そうでしたが、
話かければ笑顔で答えてくれる流石スーパースターといった感じでした。
Photo : Torusa

jdair.jpg

波が悪いながらその片鱗は垣間見ることができました。
Photo : torusa

jdusami.jpg

これ夕方ですが、こんなクソダンパーでサーフィンしてくれたジョーディーに感謝です。



あと最後に付け加えさせていただきますが、

ジョディーじゃなくて、ジョーディーですよ。

Jordyと書きますからね、

ジョディーは基本女性の名前でJoddieとかJodyとかですね。


ジョーディー スミスのジョーディーは彼の父がマイケル ジョーダンの大ファンで

その"Jordan"からとった名前だと聞いてます。


ちなみに、超絶レジェンドのラビット バーソロミューのご子息は

Jagger Berthromewといいます。

これはラビットが、ミック ジャガーの大ファンだったことから名付けられたと聞いてます。


さらにちなみに我はトム カレンを超崇拝しています。

なので、ねぇ、

ははは〜。


最後はジョーディーさんもビックリ、バカ親ネタでした〜。。

へい!




November

はい11月です、早いです速いです。

で、昨日が月初めだったんですが、またご挨拶を忘れていました。

すいません、すみません、、


で、本日、湘南ミッションでして、

行ってまいりました。

161102sm1.jpg

161102sm2.jpg


相変わらずの仕事っぷりを横目に、搬入、仕入れ、ピックアップとミッションをこなして

帰ってくると、ちょっと良さげなホームブレイクに、

161104sm4.jpg

161102sm3.jpg



この寒さ、、


じゃ〜せっかくなんで、今冬用に造った例の4mmフルスーツ HOTLINE Smooth Jazzのテストをと思い

一時間ほどサーフィンしてみました。

hlomote.jpg


で、感想、、

いや、暑いのなんのって、、


首回りの浸水はムササビモデルに比べれば多少入ってくるものの、

背中からはほぼゼロで、動きやすさは4mmの背中ジップとは思えないほど軽かったです。

で、サーフィンの前後は背中ジップならではの着脱の良さ、


イイですSmooth Jazz


ただ、今日位の寒さではまだちょっと早いかなって位の保温性でしたね、


こんな寒がりオヤジでも寒い海に入らない理由がなくなっちゃいそうです。

へへぇ、、

新作 !

えと、またちょっとイメージが湧いたのでシェイプしてみました。

自分用、小波用テストボード。

aff2.jpg


5'3"x20"x2"7/16 名付けてAfter Grow Fish !

直訳すると「成長した後の魚」

いや特に深い意味はないんですが、

既存の小波モデル「アフターグロウ」のさらに小波対策モデルなのでこのネーミングです。


で、今回の肝は、このウィングです。

agf1.jpg


本来ウィングというものは、

そこまできたアウトラインのままテールまで行ってしまうとテールが広くなりすぎるので、

ここで1発絞るために施されるものです、

なのでダブルウィングとかはさらに絞り込んでるという事になります、

が、

今回はそうじゃなくて、

先に理想のテール幅を設定しておいて、

さらにもっとスピードや浮力を得るためにウィングを付けたというイメージです。

その名の通り正に「羽」を取り付けた感じ、、

事実オーストラリアではウィングではなく「フライヤー」と呼ぶ事もあります。

agfbotom.jpg


で、テールエンドは深く切り込まないタイプの浅いスワローで

この付近の浮力を確保してます。

ロケットフィッシュの様に深く切り込んでしまうと、

その切り取ったフォーム分の浮力を失う事になります。


さらにスカッシュの様にテールの端を丸めないので角を残すタイプのテールにする事で

このレングスでも最後の最後までレールラインを使ったサーフィンが出来る様にしてみました。

短い板でテールをラウンドさせるとクリクリとした動きになりがちですからね、



と、久々にかなりノーガキこいてみましたが、、


簡単に言うとロケットフィッシュとネオシモンズのイイ所を取って、

さらにちょろショートボードテイストをトッピングしたものをEPSで創ってみました。

と言った所でしょうか。。


ちなみにこちらは以前からある元祖After Grow Modelです。

aftergrow1jpg.jpg

今回作と比べるとかなりシャープです。


で、

まだ、シェイプが終わったばっかなので、テストライドは1ヶ月位は先になりそうですが、

本格的に寒くなる時期にこういうのがあるとまたモチベーションが上がります。


前回紹介したニューウェットもあることだし、

今冬は快適に楽しくサーフィンさせていただく予定でございましゅ。


感謝〜。



HOTLINE

長年サポートしていただいているHOTLINEから今冬用のフルスーツが届きました。

hlomote.jpg

左がトムボーイ用LBZモデル、右は我用Smooth Jazzモデル。


今季はあえて親子揃ってバックジッパーにしてみました。

hlura.jpg

というのも、

ここ最近のノンジップのネックインタイプは保温性機能性はマジで素晴らしいものがありますが、



唯一ネックなのが、着脱です。



「慣れちゃえば大丈夫」ってみんな言いますが、


オールドスクールな我とか、キッズにはちょっと辛いものがありまして、

昔からあるバックジップタイプが「着脱」という面では一番優れていると思っています。


そんな化石的なサーファーに朗報なのが

HOTLINE Wetsuitsによる今冬のバックジップタイプです。


で、順を追って説明していきますと〜、、


まず、これ

hlin.jpg

インナーネックです。


着た感じでは、内側ネックが外側よりやや高くなってる感じで、

水の侵入を防いでくれそうな感じです。


で、次がこのファスナー、

hlzip.jpg

簡易防水ファスナーです。

従来のドライファスナーの様に重厚ではありませんが防水機能のあるライトな感じのファスナーです。

勿論一人で開け閉め可能です。


でさらにこちらの穴、

hlana.jpg

これは二重ネックの間から侵入してきた水を外に出す穴です。

これにより水がウェット内に溜まる事なく、

いつも最軽量かつ暖かい状態を保ってくれるというワケです。



ってなワケで、最新テクノロジーなバックジップタイプを紹介させていただきましたが、

まだ今は暖かくてテストはできません、、
(今時期これ着てサーフィンしたら、汗かいてダイエットには良さそうですが)


毎年冬用のウェットが届くと、

寒いの嫌いなくせに、ちょっと寒くなんないかな〜とか思ったりします。


つ〜〜。



新しいものに抵抗のあるオヤジ連中や、

ネックイン等の着脱を嫌がるキッズとかその親御さんとか、、


いかがでしょうか、これ、



思い出してみれば寒いんですよね、冬の海って、、


いや、わり〜けど今年の冬も暖かく過ごさせていただきます。

ぷぷ。



あ、これ、全国のHOTLINEお取り扱い店にてオーダー可能です。


勿論LM Surf でも。

へい。

HOTLINEのウェブサイトはこちら
↓↓↓
HOTLINE WETSUITS




Appendix

プロフィール

YASUHIRO SUZUKI

Author:YASUHIRO SUZUKI
シェーパー、元プロサーファー、
こ〜見えて一応ショートもロングもプロの端くれでした、で、
アマチュア時代のショートもロングも一応全日本タイトル持ってます。
あ、でもこれ過去の事なんで
今更ど〜でもイイことですが、
ま、そんな事もあったかなって感じで、へへ、、
で今は自分のブランド yas Brandのシェーパーやりながら、
波がイイときはサーフィン!
お魚が釣れてればお魚釣り!
と「海遊び」に忙しい毎日です。
趣味はGopro撮影とその写真や動画の編集でございまして、
主に自分たち親子のサーフィンのものが多いのですが、シェイプ中のヤツとか、その他の方々のサーフィンとかもタイミング次第で勝手に出演していただいております。
あ、あとお魚釣りのヤツとかも時々あったりなかったり、ぷ、
1967年生まれ、魚座、O型、身長177cm(5mm位縮んだ)体重65kg(最重時より12kg減で現在も維持中)
サーフィン歴41年、シェイプ歴29年
で、今なおサーフィンもシェイプも「もっと上手くなりてぇな〜」っていつも思ってる向上心旺盛なその辺のおじさんです。
そういえば最近は釣った魚は美味いヤツしか食べてません、くっ、
では皆様人生エンジョイフルにって事で、
へへへ、

Instagram

Instagram

波浪予想

タイドグラフ

スケール

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード